Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaでkojitsukeしますヾ(╹◡╹o)ノ

Dirty Deeds Done Dirt Cheap Acca Dacca

ファニー・ヴァレンタイン

第23代アメリカ合衆国大統領1847年9月20日生まれ。アメリカ各地に散らばっている「遺体」を集めるためにSBRレースを利用し、その遺体をマンハッタン島のシェルターに埋葬・保管することによりアメリカを「世界の全ての中心」にしようとしている。そのためには手段を選ばず、遺体を手に入れたジャイロたちに抹殺を目的とした刺客を送り込んだ。過去にカルフォルニア・サンディエゴ捜索隊に同行した際、「悪魔の手のひら」に遭遇し遺体の「心臓部」を手に入れている(スタンド能力がこれによって発現したかは不明)。序盤では肥満体として描かれていたが、アクセル・RO戦を境に筋肉質な体格に変化している。また、平行世界の自分とは、自我が共有されているような描写があった。愛国心を絶対的価値観としており、遺体の回収もアメリカ国民の安全を保障するため。そのためか国民の支持は高く、死後もレース終了後に国民から惜しみない賞賛を受けた。逆に言えば彼が考えているのは自国民の安全のみで、しかも「世の中はプラスとマイナスが均衡し、全ての人間が幸せになることはありえない」という思想を持っているため、自国民の幸福のためなら他国の人間に不幸をおっかぶせることにも躊躇しない冷徹さも併せ持っている。敵対したジョニィも8部で似通った倫理観を見せている。D4C-ラブトレイン-の力でジャイロを倒すも、ジョニィに爪弾をあえて撃たせる余裕を見せたことが仇となり、タスクAct4の「無限の回転」を受けて窮地に陥る。そしてジョニィに別の世界のジャイロを連れてくる代わりに「無限の回転」を止めるよう取引を持ち掛けるが、わずかに疑ったジョニィの機転で本性を暴かれてしまう。最後は爪弾と銃弾の決闘となり、わずかに及ばず頭部に爪弾を受けて死亡した。また、敗れはしたものの「無限の回転」の欠点は見抜いており、その情報を並行世界から来たディエゴに与えていた。荒木によると、大統領がボスなのは『インデペンデンス・デイ』で大統領自ら戦いに赴くのを見た影響から[7]。なお、あくまで架空の大統領であり、実在した第23代大統領はベンジャミン・ハリソンである。

Dirty Deeds Done Dirt Cheap(いともたやすく行われるえげつない行為)
【破壊力 - A / スピード - A / 射程距離 - C / 持続力 - A / 精密動作性 - A / 成長性 - A】
略称はD・D・D・D・CまたはD4C(ディー・フォー・シー)。人型のスタンドで、巨大な2本の角がウサギの耳のように生えた頭部と、全身にある縫い目状の模様が特徴。ジャイロの「ボール・ブレイカー」を受けて以降は角と外殻のような部分がなくなったような姿となっている。パラレルワールド間を自在に行き来することができ、他者を平行世界へ引きずり込む(または送り出す)こともできる。何らかの物体の隙間(「扉と壁の間」「国旗と地面の間」など)に挟まれることで発動する。条件を満たせば、大統領以外の者でも「基本の世界」に戻ることだけは可能。また大統領自身を除き、2人の「同じ人間」が「同じ世界」に同時に存在し続けると、次第に身体が崩壊(破片はメンガーのスポンジに酷似している)して死亡する。ドッペルゲンガーの伝承と類似する。
そして行き来した平行世界同士を「同じ場所に同時に存在」させることができる。これを用いて路上で堂々とジョニィを狙撃したが、同時に平行世界ではDioとウェカピポがそれぞれジョニィを銃撃させられたために、その場にいた目撃者たちの記憶には3つの世界の銃撃が同時に存在してしまい、目撃者たちによって、銃撃した犯人が大統領と特定されることは無かった。
自身が致命傷を負ったとしても、平行世界の「自分」と入れ替わり、その「自分」に身代わりに死んで貰うことで、事実上不死となれる。入れ替わった際にD4Cが「自分」から別の「自分」に移動することで記憶の引継ぎが行われている。スティール・ボール・ランでは珍しい、像が人型の「近距離パワー型」スタンドだが、格闘能力は恐竜化したディオに一歩劣る上、射程も短いので爪弾や鉄球には一方的に攻撃されるだけであった。
どの世界と干渉しようと「基準の世界」に居る大統領の属性を維持するために、それを大統領に固定するある種の「重力」が大統領自身に働いている。仮にこの「重力」が失われると、大統領が平行世界に移動した瞬間に基準となる世界の大統領の設定が失われてしまう。「重力」が完全に失われるに至らなくとも、その「重力」に干渉が行われると、大統領の身にも予期せぬ事態が起こる。また後述のように、D4Cの力を以ってしても「聖なる遺体」のみは異世界へ持ち運べない。
荒木によると今までにないボスのシルエットということで耳をとがらせており、野球のボールのように革を縫い合わせたようなイメージでデザインされている[7]
オールスターバトル』の北米版では、単に"D4C"と呼ばれており、フルネームは使用されていない。
D4C-ラブトレイン-
【破壊力 - A / スピード - A / 射程距離 - C / 持続力 - A / 精密動作性 - A / 成長性 - C】
終盤、「遺体」となったルーシーにより、ルーシーを基点に生まれた空間の隙間をヴァレンタインだけが移動できるという能力を得た「D4C」。遺体となったルーシーにはこの世のあらゆる善が空間の隙間に濾過されて集まっており、害悪は隙間に入れず遠くのどこかに飛ばされる。そのため、大統領が隙間の中にいる間はここに放たれた攻撃は大統領に通用することは無く、その攻撃は何らかの災厄の形となって、遠くの誰かが代わりに「おっかぶる」ことになる。この能力は、遺体を所有する大統領の「D4C」に味方している。
  • 自発的対称性の破れ - 大統領が卓上のナプキンを手に取る際に語った「順番を決める」という独白は、素粒子論において比喩的な説明を行うときに用いる。「順番が狂う」という大統領の台詞は、この「自発的対称性の破れ」(別名・南部理論)に酷似している。

スティール・ボール・ラン - Wikipedia

AC Никола Тесла 1856年7月10日(192)-1943年1月7日

DC Thomas Alva Edison 1847年211日-1931年10月18日(291)

エジソンは典型的な実験科学者テスラは理論科学者、として研究手法がであったことが示唆される。

 

  • 幼少期は空想と数々の強迫観念に囚われていた。成人以後は異常な潔癖症で知られた。「宇宙人と交信している(心霊診断を行ったエドガー・ケイシーと交流があった)」「地球を割ってみせる」など奇怪な発言や行動が多い。
  • 奇抜な研究内容や、数々の伝説、冷遇された人生などから、彼や彼の発明であるテスラコイルなどはカルト団体や疑似科学らに多々用いられ、自身も晩年は霊界との通信装置を研究するなどオカルト色が強まった[要出典]エジソンも同様に晩年に霊界との通信装置などを研究した。
  • 長身で美男であることからモルガンの令嬢などと恋愛したが、本人の性格などに起因して成就せず生涯を独身で過ごした。モルガンの資金援助打ち切りは娘との関係があると言われる。
  • 「公園を歌いながら散歩しつつ思考しており、なにかひらめいたらしくとんぼ返りをした」と当時の目撃者が記録している。

ニコラ・テスラ - Wikipedia

Genius is one percent inspiration, 99 percent perspiration. 

 

エジソンは、「人間のエネルギーである」と考え、「宇宙のエネルギーの一部である」と考えていた。「エネルギーは不変なので、魂というエネルギーは人間の死後も存在し、このエネルギーの蓄積こそが記憶なのだ」と考えていた。エジソンの言によれば、自分の頭で発明をしたのではなく、自分自身は自然界のメッセージの受信機で、宇宙という大きな存在からメッセージを受け取ってそれを記録することで発明としていたに過ぎない」のだという。

トーマス・エジソン - Wikipedia

👼 天翔ける龍のひらめき⚡