Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaを楽しんだりしますヾ(╹◡╹o)ノ

ラハムとラフム

ベツレヘム

ベツレヘム
بيت لحم
ベツレヘム市街
ベツレヘム市街
ベツレヘムの市章
市章
座標 : 北緯31度42分11秒 東経35度11分44秒
行政
パレスチナの旗パレスチナ
 地区 ヨルダン川西岸地区
ベツレヘム県
 市 ベツレヘム
市長 ヴェラ・バブーン(en[1]
人口
人口 2016年推計現在)
  市域 31,799人
公式ウェブサイト : www.bethlehem-city.org

ベツレヘムアラビア語بَيْت لَحْمBayt Laḥm バイト・ラハム(標準語)、ベート・レヘム(口語)、「肉の家」の意)、ヘブライ語בֵּית לֶחֶםBēth Leḥem ベース・レヘム、現代音 Beyt Leḥem ベイト・レヘム、「パンの家」の意))は、パレスチナヨルダン川西岸地区南部のベツレヘム県県都。 2016年の推計人口は3万1799人。 経済は主に観光で成り立っている[2][3]

ヘブライ語聖書ではダビデの町とされ、新約聖書ではイエス・キリスト生誕地とされている。世界最古のキリスト教共同体が存在したが移住のため縮小していった。529年にサマリア人によって奪われたが東ローマ帝国ユスティニアヌス1世が再建した。637年、イスラム教正統カリフウマル・イブン・ハッターブによって征服された。1099年、十字軍はベツレヘムを陥落させた後、要塞化しギリシャ正教の神父からカトリックの神父に換えた。サラディンに街が落とされるとカトリックの神父は追い出された。1250年に始まるマムルーク朝により壁が破壊されたが、オスマン帝国の時代に再建された[4]

第1次世界大戦中にイギリスオスマン帝国からその支配権をもぎ取ると、それは1947年のパレスチナ分割決議につながっていった。1948年第一次中東戦争が始まりヨルダンが併合した。1967年の第三次中東戦争ではイスラエルに占領された。1995年以降、ベツレヘムパレスチナ自治政府が治めている[4]

ベツレヘムではムスリムが多数派だが、パレスチナにおける最大級のキリスト教コミュニティーも存在する。ベツレヘムの主要産業は観光で、クリスマスのピーク時には降誕教会への巡礼者が大勢押し寄せる。ベツレヘムはおよそ30件のホテルと300軒の手工芸品工房が存在する[5]ユダヤ教の重要な聖地、ラケル廟英語版ベツレヘムの北部に位置する。ベツレヘムと同様に宗教的に重要な都市であるエルサレムとは10kmほどしか離れていないが、現在はイスラエルが建設したによって隔てられている。

歴史

カナン人の時代

アマルナ文書(紀元前1400年ごろ)に初めて登場し、エルサレムの王が彼の支配者であるエジプトの王に、ハビル(もしくはアピル)の暴動から Bit-Lahmi を取り戻すのに助けを求めている[6]。この名称は現代のものと似ており、ベツレヘムカナン人の集落だったことを示すと考えられている[7]

ラフムアッカドの神話に出る豊穣の神で、カナン人ラハムとして崇拝されていた。紀元前3,000年ごろ彼らは、現在「聖誕の丘」 (the Hill of the Nativity)[訳語疑問点] として知られている丘の上に神を崇拝する神殿を建てた。町はラハムの家を意味する Beit Lachama として知られるようになった[8]ウィリアム・オルブライトは、発音が3,500年前からほぼ変わらずに残っているが意味は異なっていると記した。カナン人の言葉では「神ラハムの神殿ヘブライ語アラム語では「パンの家アラビア語では「肉の家である。

ベツレヘム - Wikipedia

ラフム

ラフム(またはラーム(Lahmu))は、バビロニア神話に登場するで、アプスーティアマトから最初に生まれた姉妹のラハムとの間に、アンシャールキシャールをもうけた。

ラハムはある時は大蛇として、またある時は赤い帯と6つの巻き髪を持つ男性として描かれる。常にラフムとともに描かれており、海の沈泥シルトを表現すると考えられている。シュメール期において、ラフムは「」の意であり、都市エリドゥにおいて神エンキを祀るアプスー寺院の門番に与えられる称号を指すこともあった。象徴的な意味においては、ペルシャ湾口における淡水アプスー海水ティアマトが混ざり合う部分にあるシルト)質のをさすこともある。

また、イエス・キリスト生誕の地として有名な「ベツレヘム」の由来は、一般的にはヘブライ語で「パンの家」(House of the Bread)とされているが、カナン語のラフムが一部参照されているとする説もある。

ラフム - Wikipedia

アンシャル

牛の上に立つアンシャル、アッシリアの首都アッシュール出土

アンシャルまたはアンシャール(英語:Anshar)は、バビロニアの神話、エヌマ・エリシュ等に登場する天の
名前は「天の中心」を意味する。

キシャルと共に生まれた、その兄(または弟)にして夫。
アンシャルとキシャルはともにラハムラフムの子で、アヌ(伝承によっては、エンリルをも)産んだ
アンシャルはニンリルの配偶神とされることもある。

アッシリア時代、サルゴン2世により、アッシュールを世界創造以来の神とする目的でアッシュールと習合された。

アンシャル - Wikipedia

キシャル

キシャルまたはキシャール(英語:Kishar)は、アッカド人の叙事詩エヌマ・エリシュにおいては、アプスーティアマトの最初の子であるラハムラフムの娘として登場する。最初の男性であるアンシャルの妹(姉?)であり妻。またアヌの母である。アンシャルを司るのに対しキシャルはを司っている。また、地母神とみなされることもある。

キシャルはエヌマ・エリシュの冒頭に一度しか登場していない。

キシャル - Wikipedia

伏羲と女媧

伊邪那岐伊邪那美

ラフムとラハム

アダムとハヴァ

赤い泥とさざれ石

🐰🐲🐍ヾ(^-^o(╹◡╹(o^-^)ノ