Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaを楽しんだりしますヾ(╹◡╹o)ノ

KinG cobRA(O.hannah) と EvE(Ḥawwāh)

いつものように おもいつきでWikipediaします

キングコブラ学名Ophiophagus hannah)は、コブラ科に分類されるヘビ。本種のみでキングコブラ属を形成する。

日本では「特定動物」に指定されている。

形態[編集]

雄のキングコブラ

成体の平均的な全長は3mほどで、大型の成体が最大限に鎌首をもたげた場合には、大人の胸元に迫る高さに達する。興奮したり外敵を威嚇したりする際には鎌首をもたげて頚部を広げるが、フードコブラ属のように甚だしく広げることはない。なお、他のコブラはこの威嚇の姿勢をとっている間は移動できなくなるが、キングコブラは威嚇したままでも移動できるのでこの姿勢を保持して近付いて来ることもある。ただし元々移動速度は速くはなく(蛇としては標準的だが)、威嚇姿勢では通常姿勢より遅くなるので落ち着いて立ち去れば噛まれる心配は無い(人間の側がむやみに刺激しなければ、通常はキングコブラの側から去っていく)。

生態[編集]

インド亜大陸の東部からインドシナ半島インドネシアにかけての山地の森林に生息する。

食性は動物食で、他の種類のヘビを主に食べ、その他にトカゲ等の爬虫類を主に食べる。飼育下ではマウスを食べた記録もある。属名Ophiophagusは、「蛇を食べるもの」の意。英名の"キング”も、他のヘビを食べることから、ヘビの王様と考えられたことに由来する。

繁殖形態は卵生で、枯葉を集めた巣に20-51個の卵を産む。卵は60-80日程で孵化する。メスは卵に枯葉をかぶせて保温し、巣の周りにとぐろを巻いて孵化するまで卵を保護する。 抱卵時のメスは巣に近づく者を激しく威嚇し容赦なく攻撃する。

人間との関係[編集]

山地の森林に生息している為、インドコブラなどに比べれば人との接触は多くはないが、山間部にある村や人家には、餌となるヘビが等を追って侵入するのを更に追う形で出没することもある。タイ王国ではキングコブラは「神聖な動物」として無闇に殺すことが戒められているため、キングコブラが頻繁に出没する地域では、屋内に侵入した個体を傷つけずに捕獲して人里離れた場所へ放す専門の職業が存在している。

上記の様に主な生息地が人里から離れた山林である事に加え、人の気配を察すれば1m近く鎌首を持ち上げた威嚇体制を採る為、気付かずに誤って噛まれる被害はインドコブラクサリヘビ等と比べて少ない。

天敵[編集]

クジャク神経毒に耐性があるため、コブラにとっては天敵(サソリも同様)である。ここから転じてインドで誕生した仏教では邪気(毒)を払う象徴として孔雀明王の信仰が存在する。

キングコブラ - Wikipedia

じゃじゃじゃ!!! Σ(ΦoΦ=)

ハンナ (Hannah, Hanna) は、ヨーロッパ系の女性名、姓。原発音はハナに近い場合もある。ヨハンナジャンヌジョーンジョヴァンナフアナジョアナなどに対応する。「恩恵」「恵み」を意味するヘブライ語の人名カンナハ(חנהに由来する。

ハンナ - Wikipedia

それからどーした? ( 'ω')

イヴ(Eve、ヘブライ語: חַוָּה Ḥawwāh、ハヴァ、アラビア語: حواء Hawwā、ハッワー、ギリシア語: Ευά、エウア)は、旧約聖書において、人(アダム)の妻として彼の肋骨からが創造した女性に、人(アダム)が付けた名。なお、キリスト教新共同訳聖書並びに口語訳聖書においては「エバ」と表記されている女性の名の異称である。ユダヤ教キリスト教イスラム教で重要な人物とされている。彼女はの誘惑に負け、神の命令に逆らって善悪を知る木果実をアダムとともに食べてしまった。その結果、彼女達はエデンの園を追放され、原罪を受けた。

名前と起源[編集]

イヴという名前は、「呼吸をする」という意味のchavah(ハヴァ)や「生きる」という意味のchayah(ハヤー)に由来する。彼女の名前は、エバとして、旧約聖書に2度、新約聖書に2度、カトリック教会正教会旧約聖書続編(または第二正典)に1度しか登場しない。ヘブライ語では、子音で「ヘット(無声軟口蓋摩擦音)・ヴァヴ(軟口蓋接近音)・ヘー」と綴り、「חוה」と表記する[2]。なお、ヘブライ語の「חוה」には農場の意味がある

歴史的に、後期青銅器時代エルサレムで信仰され、アマルナ文書の中にも登場するフルリ人女神Kheba(ヘバ)に由来すると見られてきた。Khebaの名前はさらにキシュ第3王朝を統治した最初の王Kubauに由来するとも指摘されている[3][4]。またアーシラトの紀元前1世紀頃の別名は、アラム語でChawatやHawwahというが、英語ではEveにあたる。

イヴは聖書で最初に言及される女性であり、彼女にイヴと名付けたのはアダムである。イヴはアダムとともにエデンの園に住んでいたが、聖書では、その間アダムは神の下で働いていたと記述されている。しかし最終的には堕罪によって2人は楽園を追放された。

ティンダルの翻訳によると、イヴというのはアダムが獣につけた名前で、彼の妻の名前はヘウアと呼ばれた。

エバ、エヴァ、或いはイヴ、イブ(: Eve に由来する)という読みはギリシャ語に翻訳された際のΕυάエウア)に由来する。

イヴは聖人ではないが、中世頃より伝統的に、ドイツ、オランダ、ハンガリースカンジナビアエストニア等では、12月24日アダムとイヴ聖名祝日が祝われている。

イヴ - Wikipedia

女神ニンフルサグディルムンの中に野菜や果物が繁るエディヌという美しい庭園を造ったとするシュメール神話を起源としているという主張もある[5]

  • シュメール語で"ti"は「肋骨」と「生命」の両方を意味する
  • "Nin"は「女」という意味で "Ninti"は「肋骨の女」または「生命の女」という意味である
  • ニンフルサグは全ての生物の母として知られ イヴと同じ位置を占める この話はアダムの肋骨からのイヴの創造の話と重なっているが 「肋骨」と「生命」が同じ単語で表されるのはシュメール語のみである

はうあ!!!!

"妊Ninを認知Ninti"って意味深....(╹ェ╹;)

 

ヘビ神→水神→H2O→水素(太陽)と酸素(O→オー→王)

へび→ひび→日日→太陽

蛇→じゃ→Ja→ヤー

コブラ→鼓舞Ra

こじつけが楽しいのですw ヾ(╹◡╹o )ノ