Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaでkojitsukeしますヾ(╹◡╹o)ノ

ハニ

 モーセ

たまたま水浴びしていたファラオの王女が彼を拾い

水からひきあげたのでマーシャー(ヘブライ語で「引き上げる」の意味)にちなんで「モーセ」と名づけた

この「モーセ(モーシェ)の名前の由来はマーシャーから」は『出エジプト記』2:10の本文中に明記されているが

ヘブライ語の読みであるのでエジプト人が付けるのは不自然なためか

ヨセフスやフィロンなどは本文内の説明ではなく

「エジプトの言葉で『水』をモーウ『水から助けられた人』をエセース

(関根正雄の『出エジプト記』では「モ=水」「ユシェ=救われた」)

といい

モーセ(原文はギリシャ読みの「モーセース」)は『水の中から引き揚げられた人』という意味だ」という「水」が由来の説明を上げている
((秦2010) p.48-49)
ただしこれもギリシャ読み前提なので現在は取られない解釈であり

むしろエジプトの言葉にこだわるなら「~の息子」に当たる言葉が語源の方が自然で

著名人の使用例に「アハモーセ」や「トゥトモーセ」といったファラオがおり

意味としては後者の場合「トゥト(神の名)の息子」という意味になる
((関根正雄1969) p.122註三「モーセの誕生(二ノ一-十)」)
(注:「トゥトモーセ」は通常日本語では「トトメス」と訳される“Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和対訳 > Thutmesの意味・解説”. 2019年2月2日閲覧)

 

エス

「神(ヤハウェ)は救い」を意味するユダヤ人の男性名原語であるヘブライ語ではヨシュア(יהועש イェホシュア / יֵשׁוּעַ イェシュア)

当時のユダヤ人としてはありふれた一般的な男性名であった

ja.wikipedia.org