Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaを楽しんだりしますヾ(╹◡╹o)ノ

Buckminsterfullerene

バックミンスターフラーレン

バックミンスターフラーレン
識別情報
CAS登録番号 99685-96-8 チェック
PubChem 123591
ChemSpider 110185 チェック
日化辞番号 J338.730E
特性
化学式 C60
モル質量 720.64 g mol−1
密度 1.729 g/cm3(5 K、 理論値)[1]
融点

1180 ºC[1]

への溶解度 不溶
構造
結晶構造 面心立方格子(室温)[2]
単純立方格子(< 249 K)[3]
空間群 Pa3(T6
h
)
格子定数 (a, b, c) a = 14.041 Å,b = 14.041 Å,c = 14.041 Å
格子定数 (α, β, γ) α = 90.00°, β = 90.00°, γ = 90.00°
出典
結晶構造[3]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

バックミンスターフラーレン(Buckminsterfullerene)は、分子式C60の球状分子である。1985年に、ライス大学ハロルド・クロトー、ジェームズ・ヒース (en)、ショーン・オブライエン、ロバート・カールリチャード・スモーリーによって初めて調製された。クロトー、カール、スモーリーは、バックミンスターフラーレンおよび関連分子(フラーレン類)の発見の業績により1996年のノーベル化学賞を受賞した。この分子の名称は、分子の構造と類似しているジオデシック・ドームを考案したリチャード・バックミンスター・フラーに敬意を表したものである。バックミンスターフラーレンは最初に発見されたフラーレン分子であり、また天然において最も一般的なフラーレン分子である(中に少量見いだされる)。C60フラーレン、バッキーボール (Buckyball) とも呼ばれる。

バックミンスターフラーレン分子は、粒子と波動の二重性実験的に観測された最大の粒子である。

構造

バックミンスターフラーレンの構造は、20角形12角形からなる切頂二十面体であり、それぞれの多角形の頂点は炭素原子、多角形の辺は炭素-炭素結合である。C60分子のファンデルワールス直径は約1.01ナノメートル (nm) である。C60分子の核間距離(炭素骨格の直径)は約0.71 nmである。C60分子には2種類の結合距離がある。6:6環結合(2つの六角形の間)は二重結合と考えることができ、6:5結合(六角形と五角形の間)よりも短い。平均結合距離は1.2オングストローム (Å) である。C60構造中の炭素原子は、それぞれ3つの炭素原子と共有結合している。炭素原子は6個の電子を有していることから、電子構造はu2,4である。安定化するためには、炭素原子は最外殻に8個の電子が必要であり、3つの炭素原子との共有結合では、最外殻の電子は7個にしかならない。このことは、全炭素原子上の結合に関与していない電子が、化合物中の全原子に渡って自由に浮かんでいることを意味している。電子は電荷を持っているため、この自由電子運動はバックミンスターフラーレンが非常によい導電体となることを意味している。このことにより、バックミンスターフラーレンは、その大きさのため、ナノテクノロジーにおいて非常に有用となっている。

バックミンスターフラーレンの基底状態電子密度の等密度面(密度汎関数法による計算)

バックミンスターフラーレン - Wikipedia

バックミンスター・フラー

バックミンスター・フラー
Buckminster Fuller
BuckminsterFuller1.jpg
生誕 リチャード・バックミンスター・フラー
1895年7月12日
マサチューセッツ州ミルトン
死没 1983年7月1日(満87歳没)
カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国
職業 思想家デザイナー構造家建築家発明家詩人
所属 バックミンスター・フラー研究所
建築物 モントリオール万博アメリカ館
ダイマクション・ハウス
著作 宇宙船地球号操縦マニュアル
クリティカル・パス
コズモグラフィー
ジオデシック・ドーム(1967年モントリオール万博アメリカ館)
ダイマクション・ハウス

リチャード・バックミンスター・フラーRichard Buckminster Fuller1895年7月12日 - 1983年7月1日)は、アメリカマサチューセッツ州出身の思想家デザイナー構造家建築家発明家詩人

人物概要

フラーはその生涯を通して、人類の生存を持続可能なものとするための方法を探りつづけた。全28冊の著作によって、「宇宙船地球号」、エフェメラリゼーションシナジェティクスデザインサイエンスなどの言葉を広めた。デザイン・建築の分野でジオデシック・ドーム(フラードーム)やダイマクション地図、住宅のプロトタイプであるダイマクション・ハウスなど数多くのものを発明した。

彼の生涯は、商業関係のさまざまな仕事を転々としたあと、1922年に、安あがりで効率のよい屋根を作るための構造システムの仕事を始めるが、それは建設に手間がかからないと同時に軽量で、大きなスパンを覆うことのできるものを目指していた。その成果が、第二次大戦後に展開された一連のジオデシック・ドームである。それらは、スペース・フレームの原理にのっとって、木材合板アルミニウムペーパーボードプレストレスト・コンクリート、さらに、など多種多様の材料で作り出したものであった。その最大のものは、ルイジアナ州、バトン・ルージュにあるが、直径は384フィートで、1958年に作られたものである。

その他にも、テンセグリティや、今日一般的に見られるドームスタジアムの開発・設計、オクテットトラス構造の特許を取得し、世界各地にオブザーバー、提案者として請われ広範に活動した。

また、彼はその生涯においてクロノファイルと名づけた詳細な自らの活動の記録(日誌)を膨大な量残したことでも知られる。それらは、バックミンスター・フラー・インスティテュートに保管されている。

晩年には世界中で講演し、また数多くの名誉博士号を受けた。しかし、その業績は然るべき評価を受けたとは言い難く、彼の発明のほとんどは生産されず、また関わったほとんどの分野(建築など)では厳しい批評に晒されるか、ユートピア主義者とされ無視された。

しかし、彼の特許やそうでなくても、提案されたコンセプト等は現在の社会の大きな要素となっているものも少なくない。

「炭素60」(C60)と呼ばれる炭素クラスター分子はジオデシック・ドームと同じ構造を持つことから、彼にちなんで「バックミンスターフラーレンフラーレン)」または「バッキー・ボール」と命名された。

思想

バックミンスター・フラーの富の概念

フラーは独特のの概念を公言していた。それは、一般的に私たちの大部分に認められている貨幣ではなく人間の生命を維持・保護・成長させるものとした。それらを達成するための衣・食・住・エネルギーを、そして究極的にはより効率的に成し遂げるための形而上的なものであるノウハウの体系であるテクノロジー、それ自体が更に発展し続ける、それこそが「富」の本質であるとした。

「自分の時間をより有効な探査的な投資に解放すれば、それは自分の富を増やすことになる」

この言葉にも彼の独特のの概念が現れている。

発明

年譜

著作

バックミンスター・フラー - Wikipedia

大澤映二

大澤 映二(おおさわ えいじ、1935年6月9日 - )は日本の化学者。株式会社ナノ炭素研究所取締役社長。1970年フラーレン分子の存在を予想したことで知られる。

経歴

富山県出身。1960年に京都大学大学院工学研究科修士課程を修了後、帝国人造絹糸株式会社に入社する。1964年に京都大学に戻り、吉田教授の下、工学博士号を得る。

その後ウィスコンシン大学プリンストン大学ニューヨーク州立大学ストーニブルック校で3年間のポスドク後、1970年に北海道大学理学部化学第二学科の助教授に就任。1991年豊橋技術科学大学工学部知識情報工学系教授、2001年定年退職。同年に有限会社ナノ炭素研究所を設立。その後株式会社ナノ炭素研究所となり現在同社取締役社長。

大澤映二 - Wikipedia

五+六 🌟🔯 ヾ(╹◡╹o)ノ