Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaを楽しんだりしますヾ(╹◡╹o)ノ

星神G降り

スタジオジブリ

株式会社スタジオジブリSTUDIO GHIBLI INC.)は、日本アニメ制作会社日本動画協会準会員。

概要

長編アニメーション映画の制作を主力事業としているが、1990年代中期以降、短編作品の制作および実写作品の企画を手がけている。また、日本国外のアニメーションの公開やDVD発売、『熱風』という小冊子の発行を行う出版事業、加えて音楽事業も行っている。

1985年6月15日、『風の谷のナウシカ』を制作したトップクラフトを発展的に解散・改組する形で徳間書店の出資によって設立。このためスタジオジブリ関連書籍の大半が徳間書店から刊行されている。徳間書店社長の徳間康快が初代代表取締役社長に就任したが、実質的な経営財務責任者は旧トップクラフトを設立した常務の原徹であった。当初は作品ごとにスタッフを集め、完成と共に解散する方式を採っており、他社同様アニメーターは業務委託契約による歩合制だった。後に人材育成のためにアニメーターを正社員化・固定給制にするなど、高品質で安定した作品作りの拠点とした。

1996年ウォルト・ディズニー・カンパニー(WDC)並びに日本法人のウォルト・ディズニー・ジャパン(WDCJ)の間で国内でのビデオソフト(「#ジブリがいっぱいCOLLECTION」)発売および海外でのジブリ作品配給に関わる事業提携を締結したことに伴い、「もののけ姫」よりWDC(「ディズニー」表記)が長編アニメーション作品に出資・参画するようになった。また、海外では基本的に(作品毎に地域が異なる)ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズかWDC子会社のミラマックスが配給し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントがビデオ発売を担当する。2008年にはWDCJ社長の星野康二が創業メンバーの鈴木敏夫の指名により社長に就任している。

劇場作品専門スタジオのイメージが強いが、他社テレビ作品の動画グロスも請け負っている。

名称

「スタジオジブリ」の名称は、サハラ砂漠に吹く熱風(ghibli)に由来しており、第二次世界大戦中のイタリアカプローニ社の偵察/爆撃機の名前でもある(CAPRONI Ca309 GHIBLI)紅の豚においてエンジンにGHIBLIの名前もあり、宮崎駿の思い入れがうかがえる。宮崎駿の思い込みから「ジブリ」となったが、「ギブリ」の方が原語に近い発音である(イタリアのマセラティ社の乗用車ghibliは日本でも1970年代から「ギブリ」と呼ばれている。このイタリア語はもともとアラビア語リビア方言の「ジャバル(山)」がなまったものである[4])。スタジオジブリのマークは、スタジオジブリの作品『となりのトトロ』に登場するキャラクター、トトロがデザインされている。スタジオジブリの第2レーベルで実写作品部門の「スタジオカジノ」は、スタジオの所在地東京都小金井市梶野町から命名された。

2005年の徳間書店傘下からの独立に際して、「ジブリ」の名称を徳間書店から買い取らなければならなくなった。宮崎駿が買い取りに消極的な姿勢を示して鈴木敏夫もそれに同意し、新しい名称として宮崎が「シロッコ」(これもサハラ砂漠に吹く風に由来)という案を出したが、社内の評判がよくなく、結局ジブリの名称を継続することとなった[5]

スタジオジブリ - Wikipedia

ギブリ

ギブリGhibli)は、リビアなどのアフリカ北部で吹くサハラ砂漠からの熱く乾いたである。

この風の名前を由来にしたものはいくつかあり、この風を有名にしている。

  1. 第二次世界大戦イタリア空軍カプロニ社の偵察/爆撃機の愛称。CAPRONI Ca309 GHIBLI
  2. イタリア空軍の現用戦闘攻撃機AMXの愛称。
  3. スタジオジブリ - 日本の映像制作会社。本来の意味と、宮崎駿が1.の飛行機が好きなため名付けられた。ジブリとなっているのは読み方を誤ったものといわれる。
  4. マセラティ・ギブリ - イタリアの自動車メーカーマセラティの製造していた2ドアクーペ。あるいは現在生産中の4ドアセダン。

関連項目

ギブリ - Wikipedia

シロッコ

シロッコによる砂嵐を捉えた衛星写真

シロッコ:scirocco,sirocco)は、初夏にアフリカから地中海を越えてイタリアに吹く暑い南(あるいは東南)である。サハラ砂漠を起源とする風で、北アフリカでは乾燥しているが地中海を越えるためイタリア南部到達時には高温湿潤風となり、時に砂嵐を伴う。

アフリカでの名前はギブリクロアチアモンテネグロではユーゴ(jugo)、フランス南部では(Marin)、スペイン南西部では(Leveche)、カタルーニャ地方では(llebeig)、マルタでは(xlokk)などと呼ばれている。

関連項目

シロッコ - Wikipedia

パプテマス・シロッコ

パプテマス・シロッコPaptimus SciroccoU.C.0061年 - 0088222)は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。担当声優島田敏

「Paptimus」の日本語読みが本来は「パプティマス」に近いこともあり、資料によっては「パプティマス・シロッコ」と表記されている[1][2]。劇中では主に「シロッコ」と姓で呼ばれる。

キャラクター概要

地球連邦政府の木星資源採掘船ジュピトリスの責任者。階級はテレビアニメ版では大尉、劇場版では大佐木星船団を統率する指揮官であり、「木星帰りの男」とも称されるが、自らは「歴史の立会人」を自称して傍観者的立場をとる。

地球圏に帰還後、ジャミトフ・ハイマンに接触し、特殊部隊「ティターンズ」に入隊。類稀な指揮能力によって頭角を現し、半年も経たない内にジャマイカン・ダニンガン以上の功績を挙げ、バスク・オムに次ぐティターンズのナンバー3的な存在として名を馳せた。

ニュータイプ (NT) の資質を有し、事態を予見する洞察力や、優秀なモビルスーツ (MS) を独自に開発する知識を備えた天才肌の軍人。パイロットとしての能力も非常に高く、自ら開発したNT専用MS「ジ・O」で敵機のファンネルの挙動すら予測し、これを完全に封じている。最終的にバイオセンサーの力を解放したカミーユ・ビダンに操縦を奪われるまで、作中一度も直撃弾を被弾することがなかった[3]。戦闘で発揮されるNT能力についても、ハマーン・カーンと互角に渡り合い、カミーユの精神を崩壊に追い込むほどであった。自らの能力に対する絶対の自信から、劇中ではノーマルスーツを一切着用しなかった。

他者を惹きつけるカリスマ性も備えているが、自分にとって認めるに値しない他者に対してはひたすら傲岸な態度を取るその本質から、敵も多くかなりの反感を買っている[4]シャア・アズナブルを「NTのなり損ない」と断じるシーンも見られた[5]

しかし絶対的な自信が足枷となり、予想外の失策につながることも多い。エゥーゴアクシズとの三つ巴の戦いの中、ティターンズの指導者であったジャミトフを暗殺したことは、バスクらの反発を招いて指揮系統を半ば混乱状態におとしめ、更にはコロニーレーザーへ改造した「グリプス2」をエゥーゴに奪取されたことにより、掌握しようとしていたティターンズの戦力の大半を失うといった結果を生んでいる。

「戦後世界を支配するのは女だと思っている」という主張から、実際にサラ・ザビアロフレコア・ロンドといった女性を配下に置き、自らの感性をも研ぎ澄ませていたという。戦乱に身を投じた真の理由は、木星という僻地で持て余していた己の才能を、戦場という舞台を借りて存分に発揮することであったとする見方もある[6]。劇中にて「この戦いが終わった後は恒星間旅行にでも行く」と語り、権力そのものには興味がなかったように描かれており、自身が戦乱終結後の統治にどの程度の関心を寄せていたかは定かではない。

パプテマス・シロッコ - Wikipedia

STUDIO GHIBLI

19 20 21DIO 7 8 9 ひつ

シロッコ 46.5 THE-O DIO (╹︿╹o)