読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

オカルト・スピリチュアル・都市伝説 を楽しんだりしますヾ(╹◡╹o )ノ

ミケランジェロ・ブオナローティ

ミケランジェロ・ブオナローティ
Michelangelo Buonarroti

 

Miguel Ángel, por Daniele da Volterra (detalle).jpg
ヤコピーノ・デル・コンテが描いた、ミケランジェロが60歳当時の肖像画
生誕 Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni
1475年3月6日
Flag of Florence.svg フィレンツェ共和国カプレーゼ
死没 1564年2月18日(88歳)
教皇領ローマ
著名な実績 彫刻、絵画、建築、著述
代表作 ダビデ像
アダムの創造
ピエタ
システィーナ礼拝堂天井画
運動・動向 盛期ルネサンス

ミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニ: Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni[1]1475年3月6日 - 1564年2月18日)は、イタリア盛期ルネサンス期彫刻家画家建築家詩人西洋美術史上のあらゆる分野に、大きな影響を与えた芸術家である[2]ミケランジェロ自身が本業と考えていた彫刻分野以外の作品は決して多くはないにもかかわらず、様々な分野で優れた芸術作品を残したその多才さから、レオナルド・ダ・ヴィンチと同じく、ルネサンス期の典型的な「万能(の)人」と呼ばれる。

ミケランジェロは存命中から非常に優れた芸術家として高い評価を得ており、現在でも西洋美術史上における最高の芸術家の一人と見なされている[2]ミケランジェロが制作した絵画、彫刻、建築のいずれをとっても、現存するあらゆる芸術家の作品のなかで、最も有名なものの一つとなっている[2]。長寿を保ったミケランジェロの創作活動は前述以外の芸術分野にも及ぶ膨大なもので、書簡、スケッチ、回想録なども多く現存している。また、ミケランジェロは16世紀の芸術家の中で最もその記録が詳細に残っている人物でもある。

私生活[編集]

ミケランジェロの私生活は禁欲的なもので、弟子で画家、伝記作家のアスカニオ・コンディヴィ英語版に「自分は金持ちなのかもしれないが、つねに質素な暮らしを送っている」と語っている[36]。コンディヴィは、ミケランジェロが食べ物や飲み物に無関心で「楽しむためではなく、単に必要にせまられて」食事をとり、「服を着たままで靴も履いたままで眠り込むことがよくあった」としている[36]。このような習慣を持っていたこともあって、ミケランジェロは私生活で他人から好かれる性質ではなかった。ミケランジェロの伝記を書いたパオロ・ジョヴィオ「洗練されていない粗野な人柄で、その暮らしぶりは信じられないほどむさ苦しく、そうでなければ彼に師事する者もいたであろうに、結局は後生に弟子を残さなかった」と記している[37]ミケランジェロは本質的に孤独を好む陰鬱な性格で、人付き合いを避けて引き篭もり、周囲にどう思われようと頓着しない人物だった[38]

ミケランジェロ・ブオナローティ - Wikipedia

 万能人は粗野な人? そやな (╹ェ╹;)