読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

オカルト・スピリチュアル・都市伝説 を楽しんだりしますヾ(╹◡╹o )ノ

前田利家 サキたカガJA 加賀百万石

前田利家

前田利家
Maeda Toshiie.jpg
紙本著色 前田利家像 個人蔵[注釈 1]
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文7年12月25日1539年1月15日
※天文5年(1536年)、天文6年(1537年)説もあり
死没 慶長4年3月3日1599年4月27日
改名 犬千代(幼名)、利家
別名 通称:又左衞門、又左、又四郎、孫四郎、
越中少将、加賀大納言
渾名:槍の又左衞門、槍の又左
戒名 高徳院殿桃雲浄見大居士
墓所 野田山墓地宝円寺
官位 従四位下左近衛権少将筑前守
右近衛権中将、正四位下参議
従三位権中納言従二位権大納言
従一位
主君 織田信長秀信豊臣秀吉秀頼
氏族 前田氏菅原姓
父母 父:前田利昌、母:長齢院(竹野家から輿入れした)
兄弟 前田利久前田利玄前田安勝
前田利家佐脇良之前田秀継
正室:まつ篠原一計娘)
側室:寿福院隆興院金晴院明運院逞正院
利長利政知好利常利孝利貞
前田長種室)、 (中川光重室)
摩阿豊臣秀吉側室→万里小路充房側室)
宇喜多秀家室)、与免浅野幸長と婚約)
千世細川忠隆正室→村井長次室)、
保智武田信吉と婚約)、

前田 利家(まえだ としいえ)とは、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将戦国大名加賀藩前田氏の祖。豊臣政権五大老の一人。

  • 幼名は犬千代
  • 青年時代の利家は血気盛んで槍の又左衞門槍の又左などの異名をもって呼ばれていた。
  • 利家は傾奇者で、短気でもあった。
  • 元服直後に参戦した稲生の戦いでは、合戦中に敵方の宮井勘兵衛により右目の下に矢を受け、味方が引くことを促すも、「まだ一つも首級を挙げてない」と顔に矢が刺さったまま敵陣に飛び込み、弓を射た宮井本人を討ち取る功を立て、信長が大いに喜び、「犬千代はまだかような小倅ながらもこのような功を立てたぞ」と、合戦中に味方を鼓舞したとの逸話が残る。この時、利家は矢を抜くことなく戦後の首実検にも参加したという。また、この際の負傷で、隻眼になったとの説が存在する
  • 細身の美貌で知られた利家は、小姓時代に信長から寵愛を受け、衆道の相手も務めていたことが加賀藩の資料『亜相公御夜話』に記されている。同じく信長の小姓として有名な森成利(蘭丸)や堀秀政にも衆道を務めていたとの説が存在するものの、実際に衆道の有無を記した資料は殆ど存在しないため、この『亜相公御夜話』に記された鶴の汁のエピソードはとても珍しいものとされている。
  • 容姿については、男性の平均身長が157cm程度の時代に6尺(約182cm)を誇る類稀なる恵まれた体格の持ち主で(遺された利家の着物から推定6尺とされている)、前の項で記されたように顔も端整であったことから非常に見栄えのいい武将であったと言われている。また豊臣秀吉は遺言覚書の中で利家の性格を「律義者」であると呼びかけている[24]
  • 勇名を馳せる一方、計算高く世渡り上手な一面もあった。
  • 前田家の決済はすべて利家自身で行ったため、愛用の算盤が家宝として残っている(算盤は当時に日本に伝わったばかりであり、それを使えるというだけで稀有なことであった)。利家は笄斬りによる2年間の浪人生活で金の大切さを身をもって知り、後年には「金があれば他人も世の聞こえも恐ろしくはないが、貧窮すると世間は恐ろしいものだ」とつねづね口にしていた。
  • 利家自身がキリシタンだったという説があり、洗礼(名:オーギュスチン)を受けたとも言われている。(本行寺秘仏[要出典]
  • 加賀にはこのような歌が遺されている。

    「天下 葵よ 加賀様 梅よ 梅は葵の たかに咲く」

    「三葉葵紋の徳川家よ 剣梅鉢紋の前田家よ 梅の花は葵より高い所に咲く」という意味である。

前田利家 - Wikipedia

生誕 天文7年12月25日(1539年1月15日)

死没 慶長4年閏3月3日(1599年4月27日)

→カガヤ 加賀藩→カガ 🐍

代→DOG1000GODK

又左マタサ←タマ11

芳春院(ほうしゅんいん、天文16年7月9日1547年7月25日) - 元和3年7月16日1617年8月17日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての女性。加賀国石川県)の戦国大名前田利家の正室。名はまつ篠原一計の子。戒名は芳春院殿花巖宗富大禅宗定尼。母が利家の母の姉であるため、利家とは従兄妹関係にあたる。学問や武芸に通じた女性であった。

永禄元年(1558年)、数え12歳で利昌の子で従兄弟にあたる前田利家に嫁ぐと、

など29を産む。なお、女性1人が産む子供の数が多かった戦国時代にあっても11の実子がいる女性は稀有であり、記録が残る限りでは、伊達晴宗の正室久保姫と並んで最も数が多い。

芳春院が主人公のテレビドラマ

芳春院 - Wikipedia

子 K子 7子 反町

慶一郎→K16

前田 利益(まえだ とします)は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将。現在では漫画の影響で前田慶次/慶次郎通名で知られるが、宗兵衛、利益、利太、利大、利貞など複数の名前を用いており、道号でも、穀蔵院飄戸斎(こくぞういん ひょっとこさい[1])や穀蔵院忽之斎(こくぞういん ひょつとさい)[2]、または龍砕軒不便斎(りゅうさいけん ふべんさい)と時期によって名乗りが異なる。

滝川一族の出身で、前田利家の義理の。子は一男三女(一男五女という説も有る)をもうけた。兜は、南蛮笠式兜。

前田利益 - Wikipedia

11人いる!! ヾ(╹◡╹o )ノ