Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaを楽しんだりしますヾ(╹◡╹o)ノ

610玉剣鏡 六十🐍🐔巳酉 六芒星✡十字架✝ 十六菊(規矩RL)

時の記念日

時の記念日(ときのきねんび)は、日本の記念日の1つ。毎年6月10日である。日本で初めて時計装置が使われた日を記念日として制定している。

ナビゲーションに移動検索に移動

戦前のポスター(認識台湾歴史教科書より)

 

制定の経緯と意義

1920年東京天文台(現在の国立天文台)と文部省の外郭団体である財団法人の生活改善同盟会によって制定された。日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられた。記念日ではあるが、法定された国民の祝日ではない。現在の日本では6月に国民の祝日がないため、時の記念日を6月の国民の祝日にすべきとの意見も多いが、実現には至っていない。

生活改善同盟会が、1920年大正9年)5月16日から7月4日まで東京教育博物館で「時の展覧会」を開催し、期間中の6月10日を時の記念日として設定し、行事・宣伝を行ったのに始まる。

1921年(大正10年)以降20年以上にわたり生活改善同盟会を中心に全国各地で記念行事が行われた。外地の台湾総督府や朝鮮の京城大連などでも関連行事が実施された。

戦後は時計の業界団体をはじめ各種の民間団体が関連行事を行っている。特に東経135度の子午線上にある明石市時のウィークや、天智天皇をまつる大津市近江神宮の漏刻祭もある。

由来

日本書紀天智天皇十年四月辛卯条(天智天皇10年4月25日グレゴリオ暦671年6月10日))に、

置漏尅於新臺。始打候時動鐘鼓。始用漏尅。此漏尅者天皇爲皇太子時始親所製造也云々。

(漏尅を新しき台に置く。始めて候時を打つ。鐘鼓を動す。始めて漏剋を用いる。此の漏剋は、天皇皇太子に爲(ましま)す時に、始めて親(みづか)ら製造(つく)りたまふ所なりと、云々(うんぬん)。

— 訳:坂本太郎家永三郎井上光貞大野晋校注『日本古典文学大系68 日本書紀 下』 岩波書店

とあり、日本初の時計を打った日が6月10日であることからこの日となった。なお、「漏尅」すなわち「漏刻」とは水時計のことである。また、下記脚注のとおり、斉明天皇6年の条にも「漏尅」創設の記述があるが、天智天皇10年の記述との関係は不明。前者には日付がないので、後者の日付が採用されたものと考えられている。

時の記念日 - Wikipedia

 

麻賀多神社

麻賀多神社(まかたじんじゃ)は、千葉県成田市台方にある神社である。式内社で、旧社格郷社印旛郡市に18社ある「麻賀多十八社」の総本社である。

1944年昭和19年6月10日日月神示が降ろされた場所としても知られている。

麻賀多神社
麻賀多神社
麻賀多神社
所在地 千葉県成田市台方1番地
千葉県成田市船形834番地(奥宮)
位置 北緯35度46分15秒
東経140度16分35秒
主祭神 和久産巣日神
稚日霊命(奥宮)
社格 式内社(小)・郷社
創建 景行天皇42年
本殿の様式 一間社
例祭 7月31日
テンプレートを表示

歴史

社伝によれば、景行天皇42年6月晦日、東征中の日本建尊が当地を訪れ、杉の幹に鏡を懸け「この鏡をインバノクニタマオキツカガミと崇めて祀れば、五穀豊穣になる」と言い、伊勢の大神を遥拝したのが当社の起源であるという。応神天皇20年、神八井耳命の8世の子孫である印旛国造・伊都許利命が現在の成田市船形に社殿を造営し、その鏡を神体として稚日霊命を祀った。また、伊都許利命は杉の木の下から7つの玉を掘り出し、それを神体として和久産巣日神を併せ祀った。この2神は「真賀多真(勾玉)の大神」と呼ばれた。推古天皇16年、伊都許利命の8世の子孫の広鋤手黒彦命が、神命により現在の成田市台方に和久産巣日神遷座し、それまでの社殿を奥宮とした。

延喜式神名帳に記載の際、「真賀多真」が三種の神器の1つと同名であるとして、1字取って「真賀多神社」に改称した。後に、一帯が麻の産地であることから麻賀多神社に社名を改めた。

奥宮

成田市船形手黒に位置し、手黒社と呼ばれる。台方の奥津宮。

他の麻賀多神社

麻賀多神社」という神社は、印旛郡市に台方をはじめ、成田市に1社、佐倉市に11社、酒々井町2社、富里市2社、八千代市1社の計18社を数える。全国的に見ても珍しい名前の神社で、印旛沼の東側から南にかけてにのみ存在する神社である。

文化財

麻賀多神社の大(県指定天然記念物推古天皇の時代に植樹されたとされ、約1400年近くの樹齢を持つ東日本一の大杉である。

麻賀多神社 - Wikipedia

本 (ΦェΦ)📗 ヾ(╹◡╹o)