Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaを楽しんだりしますヾ(╹◡╹o)ノ

鯨蝋

メロン (動物学) 

メロンは多くのハクジラ亜目クジライルカを含む)の頭部のほぼ中央にある脂肪組織である。メロン体とも呼ばれる。

メロンの機能については完全には解明されていないが、反響定位エコーロケーション)の際に音波を集中する器官であると考えられている。

ある種のイルカは他の種よりも発達したメロンを具備している。深海棲のマッコウクジラの脳油嚢と称せられるメロンの中の脂質は、その比重を変える事で浮沈に使うため、他のハクジラのものとは化学的に異なった性質を有す液状のワックスエステルで、量も大きく異なり、脳油あるいは鯨蝋と呼ばれている。

シロイルカのメロンも特殊である。シロイルカはメロンの形状を自分の意思で変えることができるが、これは北極圏という氷の海に適応するためであろうと考えられている。例えば横浜・八景島シーパラダイスでは「おでこぷるぷるシロイルカ」と称しメロンを震わせながら歌う(音を発生する)シロイルカを観察することができる。

メロン (動物学) - Wikipedia

ワックスエステル 

トリアコンタノール(C30)とパルミチン酸(C16)によるトリアコンタニルパルミチン酸

ワックスエステル(Wax ester)とは、蝋(ワックス)の化学的な表記。

素数10~12以上の長鎖脂肪酸と、同じく8以上の脂肪族アルコールエステル結合した、長い鎖状の分子構造を持つ。

栄養学的な脂肪、つまり長鎖脂肪酸が3価アルコールのグリセリンエステル結合したトリアシルグリセロールと異なり、ヒト消化できず油脂瀉下を引き起こすことがある一方、皮脂腺で作られる脂質の主成分でもある。

クジラ深海魚オレンジラフィーバラムツアブラソコムツクロマトウダイヒョウマトウダイなど)に多く含まれ、浮力調節とエネルギー貯蔵を兼ねていると考えられている。 アシネトバクター属の細菌では、エネルギー貯蔵に用いられている。 カイアシ類ミドリムシなどのプランクトンでも見られ、一部では化石燃料の代替研究が行われている。 植物では、ホホバの種子が利用されている。

ワックスエステル - Wikipedia

敵はすべて下郎!! ヾ(`︿´o)ノ