Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaを楽しんだりしますヾ(╹◡╹o)ノ

ゲブとヌとゲンブ

ゲブ

ゲブとヌト。

ゲブGeb)は、古代エジプト神話ヘリオポリス神話では大気の神シューと湿気の神テフヌトの息子。妹でもある妻、空の神ヌートとの間に、オシリスイシスセトネフティスをもうける。妻のヌートと抱き合っている所を無理矢理シューによって引き離され、天と地とが分かれたとされる。この神話はエジプト神話の中でも特に有名で、横たわったゲブの上にシューが立ち、ヌートを支える図像はよく知られている。

地震との関連

古代エジプトでは、ゲブが笑った(くしゃみとも)ところが地震と考えていた模様。

ゲブ - Wikipedia

ヌト

ヌト(Nut, Nuit)は、古代エジプト神話天空神。日本語ではヌウトヌートとも表記される。ヘリオポリス神話では大気の神シュー湿気の神テフヌトの娘。兄でもある夫、大地の神ゲブとの間に、オシリスイシスセトネフティスをもうける。夫のゲブと抱き合っている所を無理矢理シューによって引き離され、天と地とが分かれたとされる。指先と足先とで大地(ゲブ)にふれ、弓なりになった腹部に星が輝き(天の川)、シュー(大気)がこれを支える。ラーの聖船が従来することもある。再生を司るイメージから、葬送の女神ともされる。この神話はエジプト神話の中でも特に有名で、横たわったゲブの上にシューが立ち、ヌトを支える図像はよく知られている。

ヌト - Wikipedia

玄武

玄武(げんぶ、拼音: xuánwŭ ショワンウー)は、中国四象の「太陰(老陰)」、四神の一つ、霊獣。北の星宿の神格化。玄天上帝ともいう。宋代には避諱のため、真武と改名されている。清代には北極佑聖真君に封じられている。上帝翁上帝公などとも呼ばれる。福建省では黒虎(こっこ)に置き換わっている。

玄武は、北方を守護する、水神。「玄」は「」を意味し、黒は五行説では「北方」の色とされ、「水」を表す。

の長いが巻き付いた形で描かれることが多い(尾が蛇となっている場合もある)。ただし玄天上帝としては黒服の男性に描かれる。

古代中国において、は「長寿と不死」の象徴、は「生殖と繁殖」の象徴で、後漢末の魏伯陽は「周易参同契」で、玄武の亀と蛇の合わさった姿を、「玄武は亀蛇、共に寄り添い、もって牡牝となし、後につがいとなる」と、陰陽が合わさる様子に例えている。

「玄武」の本来の表記は(発音は同じ)「玄冥」(「冥」は「陰」を意味し、玄武は「太陰」とされた)であり、(北方の神である)玄武は、(北にある)冥界と現世を往来して、冥界にて(亀卜=亀甲占いの)神託を受け現世にその答えを持ち帰ることが出来ると信じられた。

「玄武」の「武」は、玄武の「武神」としての神性に由来し、後漢蔡邕は「北方の玄武、甲殻類の長である」と述べ、北宋洪興祖は「武という亀蛇は、北方にいる。故に玄と言う。身体には鱗と甲羅があり故に武という」と述べた。玄武の武神としての神性は、信仰を得られず、宋以降には伝わらなかった。

中国天文学では、周天を天の赤道帯に沿って4分割した1つで、北方七宿の総称。北方七宿の形をつなげてのからみついたの姿に象った。

奈良県明日香村キトラ古墳の石室内の北側壁にも玄武が描かれている。

俳句において季語である「冬帝」・「玄帝」と同義であり、冬(北・玄)の象徴である。なお、冬のことを「玄冬」ともいう。

玄武(高松塚古墳壁画)。

玄武 - Wikipedia

GeBNut GeNBu GaBriel

Ja🐍ヾ(o^◡^o)ノ🐢Ki