Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaを楽しんだりしますヾ(╹◡╹o)ノ

片瞑り

隻眼

隻眼(せきがん)もしくは独眼(どくがん)とは、片側のそのものや視力失った身体障害の状態をいう。病気(腫瘍など)の内因の他、事故戦闘中の負傷など外因、奇形による先天的な要因の場合もある。外因により視力を失った際、多くは反対側の眼にも失明を及ぼすため、片目を喪失した者のうちで隻眼となるのは多数ではない。失った目が、右目でも左目でも同じように呼ばれる。

目が失われたために義眼を入れたり、眼帯などで隠し、自らの威厳の誇示を兼ねることがある。「隻」とは「ついになっている物の片方」を数えるときに用いる助数詞である。

隻眼の著名人

ヤン・ジシュカの肖像画
眼帯をしたモーシェ・ダヤン(右)。

ここでは、なんらかの著名性または重要性があると思われる(日本でのみ有名、なども含む)隻眼の著名人を列挙する。隻眼といわれているだけで実際にはそうではなかった人物や、隻眼でなかった可能性のある人物も含む。

なお、漢字文化圏において、隻眼と関連性の高い「(すがめ)」という語があるが、「片眼が極端に小さいこと」を意味するほか、斜視のように隻眼に該当しない別の語義も複数あるため、この語が史書等に記されていることのみで事実認定されているわけではなく、事実認定されるものではない。

隻眼 - Wikipedia

はひふへほ~♬ ヾ(╹◡ ^o)ノ