読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

オカルト・スピリチュアル・都市伝説 を楽しんだりしますヾ(╹◡╹o )ノ

りんご

リンゴ(林檎、学名Malus pumila)は、バラ科リンゴ属の落葉高木樹。またはその果実のこと。植物学上はセイヨウリンゴと呼ぶ。

セイヨウリンゴ
Red Apple.jpg
果実
分類
: 植物界Plantae
階級なし : 被子植物angiosperms
階級なし : 真正双子葉類eudicots
: バラ目Rosales
: バラ科Rosaceae
亜科 : サクラ亜科Amygdaloideae[1]
: リンゴ属Malus
: セイヨウリンゴM. pumila
学名
Malus pumila
Mill.
和名
セイヨウリンゴ(西洋林檎)
リンゴ(林檎)
英名
Apple

名称[編集]

学名[編集]

栽培種には Malus domesticaBorkh. という学名がある。主に、栽培種が複数の野生種の雑種であるという立場から使われる。

和名・漢名[編集]

日本語では漢字で主に「林檎」と書くが、この語は本来、同属別種の野生種ワリンゴ漢名である。また、」を「ご」と読むのは慣用音で、本来の読みは「きん」(漢音である。

リンゴ(セイヨウリンゴ)の漢名は「蘋果」である。「りんご」とも読むが当て字で、本来の読みは「へいか」である。

英語名[編集]

英語の"apple"はしばしばリンゴではなく果物全般を指す。たとえばパイナップル("pineapple")は「松の果実」という意味であり、リンゴとは直接の関係がない。

歴史[編集]

スイス地方の先住民族といわれている湖棲民族の遺跡からはリンゴの化石が発見されており推定4000年前にはりんごが栽培されていたと考えられている[2]。ヨーロッパに広まったリンゴは、16世紀から17世紀頃にかけてヨーロッパ中部以北の各地で栽培が盛んとなり、19世紀中頃にはイギリスが大産地となった[2]

アメリカには、17世紀前半にヨーロッパからの移住民によってもたらされ、新種の開発や枝変わりの発見など大きな発展をとげ、以後、世界各地で栽培されている品種のほとんどはアメリカに由来するものとなっている[2]

日本[編集]

日本へは中国から最初に持ち込まれたと推定されるが、西洋から西洋リンゴが持ち込まれると日本でも西洋リンゴの方が一般的になり、それまでの種は「和リンゴ」などと呼ばれて区別された。

平安時代中頃の書物『和名類聚抄』には「利宇古宇りうこうりうごう)」としてリンゴが記述されており、これが訛って「りんご」になったと考えられている。地域によっては「リンキ」という古名も伝わる。

江戸時代浮世絵師・葛飾北斎の絵にその花が描かれるなど、実よりはどちらかといえば花が珍重されていたこともあったが、およそ食用として各地域に伝承されていた。また、仏前の供え物として多用された。近江国(現在の滋賀県)の戦国大名であった浅井長政は、領内の木之本の寺から届けられたリンゴに対する礼状を同寺に届けており、この書面は現存している。他にも、安土桃山時代出羽国(現在の山形県)の大名であった最上義光の家臣の北楯利長が、主君の義光にとリンゴを贈ったことが、義光から北楯への文書(礼状)から判明している。

江戸時代天明7年6月7日1787年7月21日)に発生した、御所千度参りと呼ばれる事件の際、京都市中に溢れ返った3万から7万人ともされる人数に対し、後桜町上皇からは3万個のリンゴが下賜配布された記録がある。当時、権力の中枢とは言えず、裕福でもなかった皇室が即座に3万個ものリンゴを放出した記録により、基本的に食用ではなく仏事用であるとしても、大規模な栽培・集荷・流通が行われていたことがわかる。

後に和リンゴの栽培・流通は極少数となったが、例えば長野県上水内郡飯綱町では、わずかな農家が栽培してその姿を伝えている[5]。この和リンゴの実は大きさ直径3-4cm、重さは30gぐらい。熟すると赤くなり、収穫適期はお盆前である。

2003年より「彦根りんごを復活する会」が、全国に残存する和リンゴや野生種を調査し数十種類の木(数百本)を育て、収穫した果実はお盆に各地の寺社に奉納している。同じ滋賀県で前述の浅井長政ゆかりの木之本などでも復活保存の動きがある。

初めて西洋リンゴが栽培された例としては、文久2年(1862年)、元越前福井藩主で幕府政事総裁職であった松平春嶽アメリカ産のりんごの苗木を入手し、それが江戸郊外巣鴨福井藩下屋敷にて栽培されていたと残る記録が有名である[6]。またそれより先、安政1年(1854年)に、アメリカからもたらされた「アッフル」が加賀藩下屋敷(板橋宿)にて栽培され、翌年に実をつけたために食用とされたことが、当時の加賀藩士の記録[7]に残っている。藩主(前田斉泰)から「小さな餅に塗って食べるように」と言われて近習らはそのようにしていることから、ジャムにして食したものと思われる。[8]

これらの栽培は、当然ながら藩主直接の手によるものではなく、栽培の能力を持った家臣や屋敷近隣の農家や植木屋が関わっていた。板橋と巣鴨は近隣であり、双方での栽培に関わった人物間のなんらかの交流や情報交換があったとも推測され、また福井藩下屋敷では接ぎ木により100本以上の樹が生えていたとされ、当時既にりんごの株分け・接ぎ木のノウハウがあったとも推測される。また、この福井藩下屋敷の株を、藩と直接関係のない人物が藩邸出入りの植木屋を通して入手した話が伝わることなどから、これら2箇所の藩邸だけにとどまらず、もっと広く栽培されていた可能性がある。この両藩邸のリンゴの株の導入経路はどちらも「アメリカから」と伝わるが、正確な入手経路や品種などは明確になっていない。

明治4年(1871年)に明治政府の命を受けた北海道開拓使次官の黒田清隆は、アメリカから75品種の苗木を持ち帰り渡島国亀田郡七重村(現・北海道七飯町)の七重官園に植栽した。それが広がり出したのは明治7年(1874年)、内務省による配布が始まってからになる。現在の日本国内の主なリンゴ産地のほとんどは、七重官園にその起源を求めることができる。これらの生産がようやく軌道に乗ったのは明治20年代とされ、各産地でのその間の栽培定着の苦労を推測することができる。

世界一生産量の多いリンゴ「ふじ」[編集]

ふじ」は、1962年青森県藤崎町で誕生した日本で最も一般的に栽培される品種で、日本国外にもさかんに輸出され、名前も日本語発音同様「Fuji」の名で親しまれている。中国・韓国・北アメリカ・オーストラリアなどでの栽培も多く、世界的にも最も生産量の多い[15]品種であることが2001年に米国人学者達による調査によって確認された。無袋で日光を十分に浴びさせて栽培したものは「サンふじ」の名で出荷される(「サンふじ」はJA全農長野の登録商標[16]。早い時期に市場に出回る早生(わせ)ふじは同じ糖度の果実であっても甘みや酸味にばらつきがある。見た目は赤く色づいていてもふじらしい食味がないことがある。ふじを品種改良をしたものは、小玉のふじ「姫ふじ(ひめふじ)」の他、「千秋」、「こうこう」、「シナノスイート」、「北斗」、「こうたろう」、「ハックナイン」など多数である。

神話への登場[編集]

聖書
旧約聖書に登場するアダムとイヴが、蛇にそそのかされて食べた「善悪を知る果実」(禁断の果実)はリンゴだとされる。あわてて飲み込もうとしたアダムが善悪を知る果実をのどにつかえさせ、これがのどぼとけの始まりであるとの故事から、男性ののどぼとけは「アダムのリンゴ」ともいわれる。なお、食べたのがリンゴというのは後の時代に創作された俗説で、当時旧約聖書の舞台となったメソポタミア地方にはリンゴは分布せず、またその時代のリンゴは食用に適していなかった。
ギリシャ神話
ギリシア神話には、「最も美しい女神に与えられる」と言われた黄金のリンゴを巡ってヘラ、アテナ、アフロディテの3女神が争い、遂にトロイア戦争に至るエピソードがある(パリスの審判)。また、ヘラクレスの12の冒険の中にもヘスペリデスの園から黄金のリンゴを取ってくる話がある。

リンゴに関する歴史的事件[編集]

ウィリアム・テル
ウィリアム・テルヘルマン・ゲスラーの帽子に頭を下げなかったために逮捕され、息子の頭の上の林檎をで射るか、それとも死ぬかを選択することになり、一発で見事に林檎を射抜いた、という逸話がある。後にテルがスイス独立運動において英雄とされたことから、この「矢の刺さったリンゴ」というのはスイス人の好きなモチーフの1つであり、イラストなどになって様々な場面で登場する。児童福祉慈善切手に2回、普通切手にもテルの息子と共に登場していた他、1957年に発行され、1980年まで流通した第5次紙幣の最高額面1000フラン紙幣の裏面の地模様として矢の突き刺さったリンゴが描かれていた。また、電話や地下鉄の代用コインにも描かれたものがあった。
万有力学の法則とりんご
「近代理論科学の先駆者であるアイザック・ニュートンは、木から落ちるリンゴを見て万有引力の法則に気づいた」という逸話がある。この良く知られた逸話は史実ではないとされる(詳しくはアイザック・ニュートンの項参照)。なお、この「ニュートンのリンゴ」は「フラワー オブ ケント」 (Flower of Kent) という品種で、生食用ではなく料理用である。最初に「ニュートンのリンゴの木」と言われたものは既に枯れてしまったが、接木をして増やした2世代以降の木は世界各地で今[いつ?]も栽培されている。
1964年イギリス国立物理学研究所の所長ゴードン・サザーランドから日本学士院長・柴田雄次ニュートンのリンゴの苗木が寄贈されたが、防疫検査により、この苗木はすでに高接病ウイルスに汚染されていることが発覚。一時は焼却処分が検討されたが、学術上貴重なものであること等から例外的に東京大学理学部附属小石川植物園に隔離され、ウイルス除去の研究対象となった。1980年、ようやくこの木からウイルスに汚染されていない接ぎ穂の切り出しに成功。これ以降、ニュートンのリンゴは日本国内各地に移植されている。
ミス・ビードル号とりんご
世界初の日米間太平洋無着陸横断飛行を達成したミス・ビードル号が、日本淋代海岸を飛び立つ際に地元住民から機内食用として手渡されたものの中に、20個のりんごがあった。また同機の離着陸地はともに、りんごの産地でもあり、その縁で米国ワシントン州ウェナッチ青森県三沢市姉妹都市となった。

リンゴを使った知財[編集]

アップル・レコード
英国のロックバンド ビートルズは1968年にレコード会社であるアップル・レコードを設立した。この会社のマークは、日本ではあまりポピュラーではない「グラニースミス・アップル」という品種がモデルである(形は丸ではなく若干横長の楕円形)。アップル・レコード名義のレコードジャケットには一部を除いて、目立つ位置にリンゴマークが描かれており、一目でアップル・レコードと分かる。このリンゴマークはポール・マッカートニーが所有するベルギーの画家、ルネ・マグリットの青いリンゴの絵がヒントになっている。ちなみにアップル・レコードの影響を受けて、食べ物を題材にしたマークのレコードレーベルが日本にもいくつか設立されている。
アップル(コンピュータメーカー)
コンピュータメーカーであるアップル社 (Apple Inc.) は、リンゴを会社のロゴマークとしている(1997年頃までは6色、1999年以降はほとんど単色で用いられる)。「バイト」と呼ばれる右上の囓られた様な跡は、元々「Apple」の社名ロゴが重なっていた部分である。また同社の主力製品であるパソコンマッキントッシュMacintosh、マック)」リンゴの品種名「McIntosh」(日本名:から採られているオーディオメーカー商標と区別する都合で綴りが変えられている)。
  • 三菱・ミラージュの初代モデルは、車体スタイルが青りんごのイメージでデザインされたといわれる。

リンゴにまつわる話[編集]

  • 青森県が「ふじ」に並ぶ新たな品種として24年間におよぶ歳月をかけて開発した「あおり21」は、2006年3月に登録申請をし、2008年3月官報に載ったが、農林水産省へ登録手数料6,000円を2回に渡り国から期限内に納めるように電話を受けたのにもかかわらず、県の担当者が納めず、同2008年10月17日に登録は抹消され幻の品種となった。これにより登録品種の名称は登録年月日に遡って育成者権の消滅日ともなった[40][41][42]
  • リンゴの産地である青森県弘前実業高校藤崎校舎は、「りんご科」という学科を設置している。
  • キティちゃんの設定は、身長りんご5個分体重りんご3個分。好物はママが作ったアップルパイである。

リンゴ - Wikipedia

LinkinPark 木木木禽園 樹木希林

マイケル・ケンジ・“マイク”・シノダMichael Kenji "Mike" Shinoda、日本名:篠田 賢治、1977年2月11日-)は、アメリカ合衆国のロックバンド、リンキン・パークボーカリストギタリストキーボーディスト。身長183cm。

マイク・シノダ - Wikipedia

りんご 五輪 りんき 麒麟

apple🍎🍏ELqqb

意味不明でめんご (╹ェ╹;)ヾ