読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

オカルト・スピリチュアル・都市伝説 を楽しんだりしますヾ(╹◡╹o )ノ

伏羲と女媧とDNA

伏羲

伏羲氏と女媧氏

伏羲(ふっき・ふくぎ、- Fu Hsi または Fu Xi)は古代中国神話に登場するまたは伝説上の帝王。宓羲包犠庖犠伏戯などとも書かれる。伏義伏儀という表記も使われる。三皇の一人に挙げられる事が多い。姓は。兄妹または夫婦と目される女媧(じょか)と共に、蛇身人首の姿で描かれることがある[1]

洪水神話[編集]

伏羲と女媧は兄妹であり、大洪水が起きたときに二人だけが生き延び、それが人類の始祖となったという伝説が中国大陸に広く残されている。

中国の古典学者・聞一多も、雲南省を中心に民間伝承における伏羲の伝説を採集している。伏羲・女媧の父が雷公をとじこめていたが、子供たちがそれを解放してしまう。父は雷公と戦ったが、雷公が洪水を起こしたため、兄妹を残して人類が滅亡してしまう。兄妹は雷公を助けた時にもらった種を植えており、そこから生えた巨大なヒョウタンの中に避難して助かったのであり、結婚して人類を伝えたとある。聞一多は、伏羲が時に庖羲とも書かれる点に注目し、その音から、伏羲とはこの伝説の中に舟として登場するヒョウタンを指しており、そのことから「木徳」の王であるという要素も導き出されたのではないかと推論仮説している[4][5]

祭祀[編集]

伏羲は、女媧と同じく中国少数民族苗族が信奉した神と推測されており、洪水神話は天災によって氏族の数が極端に減少してしまった出来事が神話に反映したのではないかと考えられている。

伏羲の号には、縄の発明者葛天氏も含まれる[要出典]

伏羲 - Wikipedia

女カ

女媧(じょか、拼音: Nüwa)は、古代中国神話に登場する人類を創造したとされる女神三皇の一人に挙げる説がある。姓は伏羲とは兄妹または夫婦とされている。

概要[編集]

姿は蛇身人首であると描写される文献が残されており、の時代の画像などをはじめそのように描かれている[1](しょうこう)という楽器の発明者であるともされる[2]

説文解字』での解説をはじめ、女神であるとされるのが一般的である。『世本』「氏姓篇」のように性別を男としている例(「弟」と示されている)も見られる[3]

人類創造[編集]

人間をつくった存在であるとされており、女媧がをこねてつくったものが人類のはじまりだと語られている。後漢時代に編された『風俗通義』によると、つくりはじめの頃に黄土をこねてていねいにつくった人間がのちの時代の貴人であり、やがて数を増やすためで泥を跳ね上げた飛沫から産まれた人間が凡庸な人であるとされている[4]。『楚辞』「天問」にも「女媧以前に人間は無かったが女媧は誰がつくったのか」という意味のことが記されており、人間を創造した存在であるとされていた[2]。また『淮南子』「説林訓」には70回生き返るともあり、農業神としての性格をも持つ。

伏羲と共に現在の人類を生みだした存在であると語る神話伝説も中国大陸には口承などのかたちで残されている。大昔に天下に大洪水が起きるが、ヒョウタンなどで造られた舟によって兄妹が生き残り、人類のはじめになったというもので、この兄妹として伏羲・女媧があてられる。このような伝説は苗族チワン族などにも残されている[1]聞一多は、伏羲・女媧という名は葫蘆(ヒョウタン)を意味する言葉から出来たものであり、ヒョウタンがその素材として使われていたことから「笙簧」の発明者であるという要素も導き出されたのではないかと推論仮説している[5]

女カ - Wikipedia

伏羲と女媧

伊邪那岐伊邪那美

ラフムとラハム

アダムとハヴァ

これらに共通する“洪水型兄妹始祖神話”的な伝説が云いたいことって....

 DNA ヾ(╹◡╹o )ノ

コレなんじゃあないかとおもいませんか?

 デオキシリボ核酸(デオキシリボかくさん、: deoxyribonucleic acid[† 1][† 2]DNA)は、核酸の一種。地球上の多くの生物において遺伝情報の継承と発現を担う高分子生体物質である。

f:id:q1000z:20170207170451p:plain

デオキシリボ核酸 - Wikipedi