読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

オカルト・スピリチュアル・都市伝説 を楽しんだりしますヾ(╹◡╹o )ノ

PPAP

ピコ太郎さんのPPAP

 「パイナップル」 (pineapple) という名前は、本来は松 (pine) の果実 (apple)、すなわち「松かさ」(松ぼっくり)を指すものであったが[1][2]、これが18世紀ごろに似た外見をもつ本種の果実に転用され今に至る[1][2](英語の“apple”という語は、かつては「リンゴ以外をも含む果実一般」を指すものとしても用いられていた[1][2])。

パイナップル - Wikipedia

 パイナップルは“松の果実”ということなので

松果体(しょうかたい、英語:pineal body)は、に存在する小さな内分泌器である。松果腺 (pineal gland) 、上生体 (epiphysis) とも呼ばれる。脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、間脳の一部である2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。概日リズムを調節するホルモンメラトニンを分泌することで知られる。

松果体 - Wikipedia

 ピコ太郎さんの着ている服って

アペプApep)は、エジプト神話における悪の化身。古代エジプト語での名は他に、アーペプアアペプAapep)、アペピApepi)、アピペApipe)、アポペApope)などが挙げられる。古代エジプト語のヒエログリフは母音を明確に記述しないため、本来の発音ははっきりしない。古典ギリシア語転記であるアポピス’Αποφις, Apophis)でもよく知られる。

アポピスは闇と混沌を象徴し、その姿は主に大蛇として描かれる。太陽の運行を邪魔するのでラーの最大の敵とされる。アポピスは世界が誕生する前の、ヌンに象徴される原始の水から生まれた。もとは太陽神としての役割を担っていたが、それをラーに奪われたため彼を非常に憎み、敵対するようになった。

ラーの乗る太陽の船の航行を守護するセトは、アペプの天敵である。

時代が下ると、その邪悪さのためにセトと同一視された。

夜の象徴たる大蛇アペプ(右)とアトゥム=ラーの象徴たる未去勢の雄猫(左)。両者は毎晩戦っているとされた。(インヘルカウの墓壁画)

 

アペプ - Wikipedia

この壁画の“ラー”と“アペプ”と被っている(名前も)w

そして

 
ホルスの目(ラーの目)

ホルスの目(ホルスのめ)[1]古代エジプトのシンボル。

ラーの目[編集]

ラーは、エジプト神話の太陽神

ラーは自らを崇め敬わない人間を滅ぼすため、自らの片目(右目とも左目とも)を雌ライオンの頭を持つ破壊の女神セクメトに作り変え地上に送り、人間界で殺戮のかぎりを尽くさせた。

その他[編集]

処方箋のシンボルであるRxマークとの関連性も指摘される。

 
Rxマーク

脳の断面図の松果体とする仮説がある。

サタニック・サイン(コルナ、日本の影絵のゼスチャー)を横から見たところとする仮説がある。

ホルスの目 - Wikipedia

何故かピコ太郎さんは松果体をアピール(appeal)している

....なーんておもいませんか?