Q地図 blog “宇宙は親父ギャグで出来ているかもw”

主にwikipediaを楽しんだりしますヾ(╹◡╹o)ノ

原子番号8 酸素O そさんオー∞

酸素

窒素 酸素 フッ素
-

O

S
外見
無色の気体(液体は淡青色)
Liquid oxygen in a beaker 4.jpg
沸騰している液体酸素(酸素の沸点は1 atmで約−183 °C (−297 °F))。
Oxygen spectre.jpg
酸素のスペクトル線
一般特性
名称記号番号 酸素, O, 8
分類 非金属カルコゲン
周期ブロック 162p
原子量 15.9994(3) 
電子配置 1s2 2s2 2p4
電子殻 2, 6(画像
物理特性
無色
気体
密度 (0 °C, 101.325 kPa)
1.429 g/L
融点 54.8 K, −218.4°C, −361.82 °F
沸点 90.2 K, −182.96°C, −297.31 °F
臨界点 154.59 K, 5.043 MPa
融解熱 (O2) 0.444 kJ/mol
蒸発熱 (O2) 6.82 kJ/mol
熱容量 (25 °C) (O2) 29.378 J/(mol·K)
蒸気圧
圧力 (Pa) 1 10 100 1 k 10 k 100 k
温度 (K) 61 73 90
原子特性
酸化数 2, 1, −1, −2
電気陰性度 3.44(ポーリングの値)
イオン化エネルギー 第1: 1313.9 kJ/mol
第2: 3388.3 kJ/mol
第3: 5300.5 kJ/mol
共有結合半径 66 ± 2 pm
ファンデルワールス半径 152 pm
その他
結晶構造 立方晶系
磁性 反磁性
熱伝導率 (300 K) 26.58 × 10−3W/(m·K)
音の伝わる速さ (気体、27 °C)330 m/s
CAS登録番号 7782-44-7
主な同位体
詳細は酸素の同位体を参照
同位体 NA 半減期 DM DE(MeV) DP
16O 99.76% 中性子8個で安定
17O 0.039% 中性子9個で安定
18O 0.201% 中性子10個で安定

酸素(さんそ、oxygen)は原子番号8原子量16.00非金属元素である。元素記号は O周期表では第16族元素(カルコゲン)および第2周期元素に属し、電気陰性度が大きいため反応性に富み、他のほとんどの元素と化合物(特に酸化物)を作る。標準状態では2個の酸素原子が二重結合した無味無臭無色透明の二原子分子である酸素分子 O2 として存在する。宇宙では水素ヘリウムに次いで3番目に多くの質量を占め、ケイ素量を106としたときの比率は 2.38 × 107 である。地球地殻の元素では質量が最も多く47%が酸素である。気体の酸素分子は大気の体積の20.95%、質量で23%を占める

名称

スウェーデン薬剤師カール・ヴィルヘルム・シェーレ1771年に初めて見つけた。しかし、これはすぐに公にされず、その後1774年ジョゼフ・プリーストリーがそれとは独立して見付けた後に広く知られるようになった。そのため、化学史上の発見者はプリーストリーとされている。

酸素は発見当初、を生む物」と誤解されギリシャ語の oxys)と genen(生む)を合わせた名称で呼ばれていた。これは、アントワーヌ・ラヴォアジエが、酸素が「酸を生む物」であると誤解して、oxygène(仏語)と名付けたことに由来する。英語でも「oxygen(オキシジェン)」といい、独語でも「Sauerstoff(ザウアーシュトッフ)」といい、日本語でもこれらを宇田川榕菴が直訳して「酸素」と呼んだ。

一方、中国語圏では「酸」という字を用いず、「」(中国語読み:ヤン、ピンイン:yǎng、日本語読み:よう)という字を充て、氧氣(ようき)という。

分布

酸素は、地球の地殻(質量比で約46.7%)およびマントルに最も多く含まれている元素であり、多くは岩石中に酸化物ケイ酸塩炭酸塩などの形で存在する。

地球外でも酸素は多く存在している。主な存在形態であるは地球の他、惑星や、彗星小惑星などにも見られる。火星の極には二酸化炭素が固体のドライアイスとして存在している。星が生まれる元となる分子雲では一酸化炭素が分子の中で2番目に存在量の多い分子である。酸素起源恒星核におけるヘリウム核融合であり、酸素のスペクトルが検出される恒星も存在している。

発見

カール・ヴィルヘルム・シェーレ。惜しくも酸素発見者の栄誉を逃した

酸素は1771年スウェーデンカール・ヴィルヘルム・シェーレ酸化水銀(II)と様々な硝酸塩混合物を加熱する過程で発見した。シェーレはこの気体を火素 (fire air)」と名づけ1775年に論文を作成したが、出版社の都合で発表されたのは1777年となった。

ジョゼフ・プリーストリー。一般的には彼が酸素の発見者とされる

シェーレが発見を知らしめるのに手間取っていた1774年8月1日イギリスジョゼフ・プリーストリーガラス管に入れた酸化水銀(II)日光を照射して得たガスに「脱フロギストン空気(dephlogisticated air)」と命名した。彼はこのガスの中では蝋燭がより明るく燃え、マウスが活発かつ長寿になることを確かめた。さらに自分でこのガスを吸い、「吸い込んだ時には普通の空気と大差ないと思ったが、少し後になると呼吸が軽く楽になった」と書き残した。1775年、プリーストリーは新聞紙上にこの発見を発表し、2冊目の著作 Experiments and Observations on Different Kinds of Air でも論述した。このように、彼の発表がシェーレよりも先に行われたため、酸素発見者はプリーストリーということになった。

製造

実験室的には過酸化水素を触媒で分解することで得られる。触媒としては二酸化マンガンまたは、カタラーゼおよびそれらを含むレバージャガイモなどが利用できる。

そのほか、電気分解でも得られる。純粋な水は電気を通さないため少量の水酸化ナトリウムを加える酸素は陽極で発生し、陰極では水素が発生する。

用途

酸化剤
化学工業などでは最も安価な酸化剤として多用される。
吸入用
呼吸に不可欠な元素であるため、医療分野での酸素吸入に使われている。また傷病人に限らず、空気中の酸素濃度が低い場所での呼吸を助けるために、飛行機青海チベット鉄道などの酸素放出装置や、高山に登る時などのボンベの中身にも使われている。他にテクニカルダイビングにおいて、減圧用ガスとして用いられる。
助燃剤
ガス溶接鉄鋼の製造工程で助燃剤として使用されている。アセチレンを酸素とともに吹き出してえられる酸素アセチレン炎は 3000–4000 ℃ もの高温が得られ、鉄材の溶接や切断に利用されている。特に液体酸素ロケットエンジンの推進剤の酸化剤として用いられている。

酸素 - Wikipedia

オゾン

オゾン(ozone)は、3つの酸素原子からなる酸素の同素体である。分子式はO3で、折れ線型の構造を持つ。腐食性が高く、生臭く特徴的な刺激臭を持つ有毒な気体である。大気中にとても低い濃度で存在している。

発見

オゾンは、ドイツスイス化学者であるクリスチアン・シェーンバインによって1840年に発見された。彼は雷雨の中でオゾンが現れることに注目し、そしてその奇妙なにおいからギリシア語臭い」を意味する ὄζειν (Ozein) に因み Ozon と名付けた

オゾン - Wikipedia 

酸素O(そさんオー≒スサノオ) Ain 
酸素分子O2(DIOxygen) Ain Soph 

ozoneO3(臭な氣≒草薙) Ain Soph Aur 

原子番号8 ∞ ヾ(╹◡╹o)ノ

岐大蛇 島士奴美神 雲 

雲立つ 出雲重垣 妻籠重垣作る その重垣を

☼水素H天照 🌙水H2O月夜水 ☁酸素Oすさnお

 

ヘカ&へか

ヘケト

ヘケトHeget,Heket,Heqet またはヘカトHeqat))は、エジプト神話における水の女神

概要

多産と復活を司るとされる。

そのものか蛙の顔をした女性の姿で表される。

元々、古代エジプトにおいて蛙は、その姿から胎児の象徴であり、また多くの卵を産むことから多産の象徴でもあった。オタマジャクシを描いた象形文字が大きな数である「十万」を意味した程である。

クヌムの妻で息子は、ヘカ。クヌムが泥をこねて創造した人間に命を吹き込む役目を持つと言われる。その後、人間は、母親の胎内に送り込まれる。

後の神話では、イシスオシリス復活の儀式に力を貸したり、イシスのホルス出産を助けたり、ホルスが毒蛇に咬まれた時、その治療を行ったとされている。

信仰

主にヘル・ウル、エスナヘルモポリスで信仰された。

出産に関わる神としてイシス、ネフティスメスケネト、クヌムに関連する。また産婆は、「ヘケトの召使い」とされた。

水の神としてヌトと同一視された

ヘケト - Wikipedia

ヘカテー

ヘカテー古代ギリシャ語ἙκάτηHekátē)は、ギリシア神話女神である。ヘカテイアとも呼ばれる。日本では長音を省略してヘカテとも表記される。

ヘカテー」は、古代ギリシア語で太陽神アポローンの別名であるヘカトス(ἙκατόςHekatós「遠くにまで力の及ぶ者」、または「遠くへ矢を射る者」。陽光の比喩)の女性形であるとも、古代ギリシア語で「意思」を意味するとも(ヘーシオドスの用法より)言われている。

「死の女神」、「女魔術師の保護者」、「霊の先導者」、「ラミアーの母」、「死者達の王女」、「無敵の女王」等の別名で呼ばれた。ソーテイラー(救世主)」の称号でも呼ばれる。また、江戸時代日本の文献では「ヘカッテ」と表記された。

古代ローマにおいてはトリウィア(Trivia、「十字路の」の意)という形容語を付けて呼ばれた。

トリカブト牝馬(不死の象徴)、松明(月光の象徴)、ナイフ助産術の象徴)、窪みのある自然石等がヘカテーの象徴とされる。

古代ギリシア

3面3体の姿をしたヘカテーの像(キアラモンティ美術館所蔵)

ペルセースアステリアーの娘で(そのため、「ペルセースの娘」を意味する「ペルセーイス」とも呼ばれる)ティーターン神族の血族に属する(他にもコイオスポイベーゼウスデーメーテールの娘という説もある)。狩りの女神アルテミスの従姉妹。魔術豊穣、浄めと贖罪出産を司るとされる。冥府神の一柱であり、その地位はハーデースペルセポネーに次ぐと言われる。

ヘーシオドスの『神統記』では、ゼウスによって海洋、地上、天界で自由に活動できる権能を与えられているとされ、人間にあらゆる分野での成功を与え 、神々に祈る際には先にヘカテーに祈りを捧げておけば御利益が増すとまで書かれており、絶賛されている。これはヘーシオドスの故郷であるボイオーティアにおいて、ヘカテーの信仰が盛んであったためと考えられている 。そして、ヘカテーホメーロスの著作には一切登場しない。

同じ地母神にして冥府神でもあるペルセポネーやデーメーテールとの関係からか、ハーデースによるペルセポネー誘拐の話に登場し、デーメーテールにハーデースがペルセポネーを連れ去ったことを伝えている(ここでは同じくペルセポネーの行方を尋ねられた太陽神ヘーリオスと対になっており、ヘカテーの月の女神としての性格が強調されているとも言える)。また、ヘーラクレース誕生の際にトカゲ(またはイタチ)に変えられてしまったガランティスを憐れみ、自分の召使の聖獣としている 。さらにギガントマキアーにも参加しており、ギガースの1人クリュティオス松明の炎で倒している。アルゴナウタイ(アルゴノートたち)の物語では、コルキス(現在のグルジア西部)の守護神とされ、王女メーデイアにあつく信奉されており、メーデイアイアーソーンヘカテーを呼び出してその助力により魔術を行っている。ヘーシオドスの『名婦列伝』では、イーピゲネイアが生贄として殺されようとした際にアルテミスに救い出されて神となり、ヘカテーと同一になったとされている 

後代には、3つの体を持ち、松明を持って地獄の犬を連れており、夜の十字路や三叉路に現れると考えられるようになった。十字路や三叉路のような交差点は神々や精霊が訪れる特殊な場所だと考えられ、古代人は交差点で集会を開き神々を傍聴人とした。中世においても交差点のそばに犯罪者や自殺者を埋葬している。また、この3つの体を持つ姿はヘカテーの力が天上、地上、地下の三世界に及ぶことや、新月半月満月(または上弦満月下弦)という月の三相、または処女婦人老婆という女性の三相や、過去現在未来という時の三相を表している。新月や闇夜の側面はヘカテーが代表することが多かった。また、月と関連づけられたヘカテーの三相一体の具現形態は、天界では「月」のセレーネー、地上では「女狩人」のアルテミス、冥界では「破壊者」のペルセポネーだった。また、貞節ディアーナであると同時に、冥界の地獄の側面を表象するヘカテーであるという二元性を表すとも考えられた。

三つ辻に道の三方向を向いた3面3体の像が立てられ、毎月末に卵、黒い仔犬、黒い牝の仔羊、幼女、魚、玉葱、蜂蜜といった供物が供えられ、貧民の食とする習慣があった(通常神への生贄とする動物は肌が白いものが良いとされたが、ハーデース等の冥界神へは黒い動物が捧げられた)。また、供物として家の戸口に鶏の心臓と蜂蜜入りの菓子を供える習慣もあった。さらにヘルメースと同じく道祖神のように道に祀られたヘカテーの像は、旅人によって旅の安全を祈願された。出産を司る女神でもあるため、陣痛の痛みを和らげるために祈られることもあった。また、テッサリアではヘカテーを崇拝する女魔術師たちが変身用の軟膏(魔女の軟膏)を作り、ハエや鳥に変身して空を飛んだといわれる 

眷属として、女神エリーニュスたち、ランパスたちやエンプーサモルモーといった魔物を従えている。

夜と魔術、月の女神としてアルテミスやセレーネーと同一視、混同された。ペルセポネーと同一視される場合もある。

ヘカテー - Wikipedia

 🐸🐍

 

Oh, DIO energy力 

デオキシリボース

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

Jump to navigationJump to search

D-デオキシリボース
Deoxyribose structure.svg
デオキシリボフラノース
IUPAC名 (2R,4S,5R)-5-(ヒドロキシメチル)テトラヒドロフラン-2,4-ジオール
分子式 C5H10O4
分子量 134.13
CAS登録番号 [533-67-5]
形状 白色結晶
融点 91 °C
比旋光度 [α]D -58°
SMILES C1C(C(OC1O)CO)O

デオキシリボース (deoxyribose) またはD-デオキシリボース2-デオキシリボースは、アルドースペントース及びデオキシ糖の一つでアルデヒド基を含む単糖である。リボースの2位のヒドロキシル基水素に置換され、元より酸素原子が1つ減少した構造をしている。デオキシリボ核酸DNAの構成成分
1929年フィーバス・レヴィーンによって発見された。 五員環構造は特にデオキシリボフラノース(Deoxyribofuranose)と呼ばれる。

飲料などには、主にモンスターエナジー等に含まれる。

性質

弱い甘味を持つ白色の結晶で、エタノールによく溶けるがプロピルアルコールには難溶である。リボースより不安定で、酸と一緒に加熱するとレブリン酸(4-ケト-n-吉草酸)に分解する。また、リボースに比べて遙かにグリコシド結合を作りやすい。水溶液中では下図のようにフラノース形とピラノース形の平衡混合物として存在する。

Deoxyribose1.PNG

核酸の中のデオキシリボース

核酸を構成するのはβ-フラノース形であり、それぞれの核酸塩基にN-グリコシド結合している。リン酸とは3'と5'の位置でホスホジエステル結合をしてポリヌクレオチドを形成する。

デオキシリボース - Wikipedia

モンスターエナジー (Monster Energy) とは、2002年ハンセン・ナチュラル社から発売された清涼飲料水のブランドである。

f:id:q1000z:20181021173523p:plain

モンスターエナジー - Wikipedia

獣の数字(けもののすうじ)は、『新約聖書』の『ヨハネの黙示録』に記述されている。以下に引用すると、「ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(13章18節)

獣の数字 - Wikipedia

666 111 e巳

カカ力 蛇力 重力

モンスター ムーンスター 月星

 

 

うみゃあ~で

非円唇前舌狭めの広母音

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
Jump to navigationJump to search
母音
前舌 前舌め 中舌 後舌め 後舌
Blank vowel trapezoid.svg
i • y
ɨ • ʉ
ɯ • u
ɪ • ʏ
ɪ̈ • ʊ̈
ɯ̽ • ʊ
e • ø
ɘ • ɵ
ɤ • o
 • ø̞
ə • ɵ̞
ɤ̞ • 
ɛ • œ
ɜ • ɞ
ʌ • ɔ
æ • 
ɐ • ɞ̞
a • ɶ
ɑ • ɒ
広めの狭
半狭
中央
半広
狭めの広
記号が二つ並んでいるものは、左が非円唇、右が円唇
国際音声記号 - 子音
非円唇前舌狭めの広母音
æ
IPA 番号 325
IPA 表記 [æ]
IPA 画像 Xsampa-leftcurly.png
Unicode U+00E6
文字参照 æ
JIS X 0213 1-9-60
X-SAMPA {
Kirshenbaum &
メニュー
0:00
音声サンプル

非円唇前舌狭めの広母音(ひえんしん・まえじた・せまめのひろぼいん)は母音の種類の一つ。準開前舌非円唇母音(じゅんかい・まえじた・ひえんしんぼいん)ともいう。国際音声記号では [æ] と書く。

非円唇前舌母音広母音よりに位置する言語音を記述するために設けられた。なおこれに対応する円唇母音には記号が設けられていない。

記号はデンマーク語ノルウェー語の Æ の小文字に由来する。

言語例

非円唇前舌狭めの広母音 - Wikipedia

15 AE 饗 ヾ(╹◡╹o)ノ 

 

カカカの地蔵さま

地蔵菩薩

地蔵菩薩
Jizo Bosatsu Horyuji.JPG
国宝・木造地蔵菩薩立像
(奈良・法隆寺大宝蔵院)
地蔵菩薩
梵名 「クシティガルバ」
(क्षितिघर्भ Kṣitigarbha)
別名 中国語:地藏菩薩( Dì Zàng Pú Sà)
経典 地蔵菩薩本願経
信仰 地蔵信仰六地蔵地蔵盆
  この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

地蔵菩薩(じぞうぼさつ)は、仏教の信仰対象である菩薩の一尊。

サンスクリット語ではクシティガルバक्षितिघर्भ [Kṣitigarbha])と言う。クシティは「大地」、ガルバは「胎内」「子宮」の意味で、意訳して「」としている。また持地、妙憧、無辺心とも訳される。三昧耶形如意宝珠と幢幡(竿の先に吹き流しを付けた荘厳具)、錫杖種字ha)。

大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩の人々を、その無限の大慈悲の心で包み込み、救う所から名付けられたとされる。

日本における民間信仰では道祖神としての性格を持つと共に、「子供の守り神」として信じられており、よく子供が喜ぶ菓子が供えられている。

一般的に、親しみを込めて「お地蔵さん」、「お地蔵様」と呼ばれる。

真言

オン カカカ ビサンマエイ ソワカ

Oṃ ha ha ha vismaye svāhā

邦訳すれば『オーン、ha・ha・ha(地蔵菩薩の種子を3回唱える)、希有なる御方よ、スヴァーハー』となる。

地蔵菩薩 - Wikipedia 

 666